第7回 心をひとつに & 第6回 鎌倉市中学生+HighSchool防災サミット オンライン

心をひとつに7オンラインの様子

このページでは、2020年8月10日(月祝)にオンラインで開催した「第7回 心をひとつに オンライン」の概要をご紹介します。

概要

日時2020年8月10日(月祝) 10:00~17:00
場所鎌倉市福祉センター(運営本部)、その他全国各地
ZOOM、YouTube Live
来場者約750人(リアルタイム総合視聴者数)
主催3.11 ALL鎌倉実行委員会(鎌倉市 協働事業)
内容災害復興支援や防災活動を軸に、音楽、グルメ、ディスカッションなどを通して災害支援や防災への想いや情報をみなさまと共有する、そんなイベントです。

9年前に発生した東日本大震災以降、被災地支援・応援の一つのかたちとして3.11ALL鎌倉実行委員会が中心となり開催している「心をひとつに」。
新型コロナウイルス感染症防止のために3月開催予定が無期延期となりましたが、8月に行っている「鎌倉市中学生防災サミット」と一体化し感染防止対策を取りながらオンラインで開催いたしました。
地震だけでなく近年の台風による被害を受けた全国各地と中継を結び、アーティストのみなさんの歌声や生産者の方々の生の声を直接届けていただきました。

防災サミットの参加者や今回実行委員として活動した3名の生徒・学生など未来を担う子どもたちが積極的に行動し、自分たちの町を守っていくことができるようなサポートの重要性を改めて実感しました。
引き続き鎌倉がひとつになり、復興地および私たちの町を作っていく子どもたちとともに活動を続けてまいります。

実行委員代表 中里成光

タイムテーブル

10:00~ オープニング
10:15~ アーティストLIVE
11:55~ グルメストリート
13:25~ 防災クイズチャレンジ
13:40~
山元町からのレポート
13:55~七ケ浜Fプロ活動報告
14:10~ 
防災サミット(討議)
14:46~ 黙祷
14:50~防災サミット(発表)
15:20~オンライン防災訓練
15:40~講演(双葉町から避難)
16:10~鎌倉防災都市宣言検討会
16:40~防災サミットまとめ
16:50~クロージング(花は咲く合唱)

アーティストパフォーマンス

小川コータ&とまそんは鎌倉の自宅から軽快な演奏と爽やかな歌声を、NaNa5931は七ケ浜国際村から心躍るミュージカルソングと元気な笑顔を、濱守栄子さんは大船渡市の自宅から心温まる歌と被災地からのメッセージを、紙芝居師なっちゃんは浪江町の伝説をベースにした紙芝居を、オンラインの画面を通じて私たちへ届けてくれました。

グルメストリート

地震や台風で被災した地域の被害・復興の状況、そこで収穫・生産している自慢の品々を生産者自身が中継リポート。
想いを直接伝えていただきました。
工夫を凝らした中継場所や紹介方法に盛り上がりました。

鎌倉市中学生防災サミット

【テーマ】
「当たり前を見つめ直そう あなたの大切なものは何ですか?」

大人数の参加だと傍観しがちになるZOOM会議ですが、3グループに分かれて少人数で討議することにより各自が意見を述べる機会と時間をしっかり確保。
普段から防災意識の高い者同士が集まることの相乗効果はオンラインでも変わらないと感じました。
オンライン防災訓練は自宅にいるからこその「身近な場所」を基準に実施できました。

サミットに参加した鎌倉市内の中高生は、東北の被災各地からのリポートや荒木さん親子の被災・避難経験談から多くのことを感じ、話しあったことを自分たちの活動に活かしてくれることでしょう。

運営・配信概要図

新型コロナウイルス感染防止対策

本部に集まった運営スタッフには参加にあたり体温・健康確認を行った。
運営中のスタッフ(出演前後の司会等出演者は除く)のマスク着用、定期的な手指消毒を徹底した。
司会同士の間、機材操作スタッフ間には衝立を設置し飛沫防止の対策を行った。
試食用の食材の準備・管理時の衛生対策、飛沫防止対策を徹底した。
本部として使用した部屋は定期的に窓を開けて換気を行い、スタッフ間の距離を空けて密集を避けた。

3.11ALL鎌倉実行委員会(2020)

主催3.11ALL鎌倉実行委員会(鎌倉市協働事業)
後援鎌倉市社会福祉協議会
鎌倉市教育委員会
協力宮城県七ヶ浜町
宮城県山元町
サポート七七支援隊
紙芝居師なっちゃん

報告書

報告書のPDFをダウンロードできます

2020年9月26日心をひとつに

Posted by オール鎌倉スタッフ


これまでの「心をひとつに」
これまでの「中学生防災サミット」
フォカヌポウ
お問合わせフォーム